欽ちゃん劇団ブログ

第九章

その日は日中から外出していた。そして夕方頃、妻からメールが入った。
「2番がいなくなっちゃったみたいなんだけど。」
脱走か!?なんという事を…。その時点で私にはどうする事も出来ないのでとにかく妻には謝りつつ出来る限り現場をそのままにしておいてもらう様にメールした。
午後8時頃帰宅。
「ごめんね!なんか嫌だったでしょう。」
「ちょっとね…、どこにいるか分からないし、もしかして踏んじゃったりしたらとか思うとやっぱりちょっと。何も出来なかった…。」
「だよね。あぁ、いないね。蓋の隙間から逃げたんだ。まったく。」
透明カップの蓋には成長したイモには到底抜けられないと思われる位の空気穴を開けていた。2番は排出を終え激走期に突入していたが、その勢い余って穴を突破したのだろうか。という事は今もこの室内のどこかを激走しているのだろうか。
「とりあえず2番のカップを置いていた周りは触らずにそのままにしてあるから。」
「了解。あ、そうか…あのさ、夕飯は食べれた?」
イモに関しては同居はOKだが常に目につく所にはカップを置かないルールだったし、食事している時は話題に出す事も厳禁だった。それがイモが脱走した今、我々もイモと共にカップの中にいる様な状況と言える。そんな中、妻は落ち着いて食事出来たのだろうか?
「うん、まあなんとか気にしないで済ませました。」
スマン…。では即刻捜索します。そして小型ライトを手に作業が始まった。
カップを置いていた地点(本棚やステレオがある若干ゴチャゴチャしている)を中心にして物を退けつつ丁寧に丁寧に見て回ったがいない。なんといってもいつ脱走したかが分からないのでどれだけの範囲まで細かくチェックすれば良いか見当がつかない。最悪家中を見るはめになってしまう。気が遠くなった。
捜索開始から15分、中心地点から半径1m圏内をくまなくチェックしたがまだ見付けられなかった。そうだよな、結構遠くに行ってんだろうな。何かの裏とかに落ち込んでしまってなければ良いけど。この調子では今夜中には無理か、と思ってふと視線を上げたら、そこに目を疑う光景があった。
カップを置いていた地点のすぐ上の出窓の上部、ガラス窓を明け閉めする細いレールの様な所のフチに、2番が逆さまに体を固定しセブン状態になってぶら下がっていたのだ。
割りと近場じゃんよっ。しかもそこでセブンになってんのか?探すのに下ばかり見ていたが、上って…。
なんだか妻と笑ってしまった。
「え、じゃあ今から10日間くらいこのままにしておくの?」
このままだったらいつも食事している場所からは常にイモが見える状況になってしまう。
「仕方ないッスよ…。だから透明じゃなくて紙のコップを上手いこと被せて見えない様にするからさ。」
「見えないけど、いる訳じゃん。あのカップの中にいるって思っちゃったりするじゃん。」
「あぁ、じゃあその前に丁度視界を遮るように布を貼ってマスクするから。」
必死に処置を施し、なんとか無理矢理納得してもらえる環境を作った。
「とにかくもう絶対に脱走しないようにちゃんと管理してね。」
「分かりました。本当にごめんなさい。」
「でも2番、窓を明け閉めするのに丁度支障がない所でよくまあああうまいことセブンになれたよね。」それに関しては妻は感心していた。
「うん、これでもっと奥のレールの所だったら窓開けらんなくなってたからね。しかも上からぶら下がる様にセブンにね。こういう体型もあるんだ。」
1番は「7」だったが2番は見た目「レ」の形に収まっていたが、呼び方は変えずセブンを使った。
翌日プログラム通りに2番はぶら下がったままいつの間にか無事サナギに変化していた。
それからカップの蓋の空気穴を少し小さめにする等、イモの管理をより厳しくした。
その管理下、3番から6番までがスクスクと成長している。その後も外で何匹か茶イモが産まれてきている。まずは1番を無事に孵化させる事に集中しよう。
カップの中で静かに時を待つサナギをチラチラとチェックしながら声をかけた。
「がんばれよ。楽しみにしているね。」

第八章

イモの様子が変だ。
残った葉っぱを取り出して分かったが、今までは葉っぱを食べたゆえに出る乾燥した小さなフンしかしなかったのが、今朝になって粘着質の液状化した物を排出して動かなくなってしまっていたのだ。ビジュアル的には「腹を酷く壊して活動停止」である。
なんだこれ、大丈夫か?見たこともない容態にあたふたしながら直ぐにカップの中をきれいにして葉っぱを追加し様子を見た。こんな事しか出来ない。イモはその後も葉っぱを食べる事なく体をくねらせるばかり。
今一度調べてみる。どうやらイモはサナギになる準備の為に先ずは体内の余分な栄養を排出するらしい。それ以降は一切食べる事なく体を固定出来る場所を探すべく急に移動し始めるとの事だった。しかも今までとは比べ物にならない早さで動くらしい。
そうか、そういうメカニズムだったのか。少し安心したがまだ心配だ。しかし見守る事しか出来ない。妻が聞いてきた。
「1番大丈夫?」
「え?なに1番って…。あ、まさか…。」
以前2人で見たバラエティー番組の事を瞬時に思い出した。出演していた某女性歌手が自分の子育ての方針を力説していて、3人いる息子さん達を上から「1番」「2番」「3番」と呼んで厳しく躾ている、という話を披露していたあれだ。
「もしかしてこのイモの事1番って呼んでんの?」
「だって今家にいるの3匹の中でこの子が一番先に進んでいるんだったらこの子が長男で、名前は1番でしょう。」
先に名付けられたという事がなんだか嬉しかった。本当は同居が苦痛なのではと未だ心配していたが、この事でもうそういった不安は消え去った。
「えぇっと、1番は多分大丈夫。ちょっとそっとしておいてあげようかね。」

その日の夕方帰宅すると「お帰りなさい」の前に妻が「1番凄い動いてるよ。」と嬉しそうに教えてくれた。
「で、お帰りなさい。」
「うぉ…、ハイただいま。そうなんだ。」と早速カップを覗いてみると、1番が、最も近い表現だと「走っていた」。
のそのそモジモジ葉っぱの上を進んでいた印象を「歩いている」としたら、カップの中をツーツーツーと移動する今の印象は「走っている」だ。10cmを5秒で激走していた。
「スッゲーなこの速度。これも何かで読んだわ。サナギになる場所を吟味しているらしいね。で、ポジション決めたら体を固定するんだってさ。おほっ、なんだか興奮するわ。」
そして引き続き「何かで読んだ」のに従い、体を固定しやすい棒状のモノ(一先ず、割り箸)を用意しカップの中に入れた。もう葉っぱは取り除いたのでカップの中は斜めに立て掛けた短い割り箸だけになった。その後はあまりジロジロ見るのも悪いと思い放置しておく事にした。

翌朝、カップを見て驚く。1番が割り箸でなく、カップの内側の面に縦に、少し頭を垂れ、横から見ると数字の「7」のフォルムの体型で体を固定して停止していた。そしてその体長は約2cmにギュッと縮まっていたのだ。
最終的には約6cm程に成長したイモが急に3分の1になっている。
なんなんだこの凝縮は。
「これはセブンだね。」妻が言った。
「え?あ、また先に名付けたな。」
「このセブン状態がサナギな訳?」
「いや違くて、ここからサナギになるらしいんだよね。これは知らなかったわ。イモの形からすぐサナギになるのかとずっと思ってたわ。」
良く観察してみるとカップの内壁に足先と、吐いて作った糸を付着させ。それに寄りかかるように体を固定しているのが分かった。
人間で強引に例えるなら、岩壁に両足を揃えて固定し、ちょうど両手を伸ばして壁に付く2箇所に1m位のロープの両端を接着し、それを頭からくぐり背中に馴染ませてからそれに背筋を伸ばして寄りかかり頭だけをコクッとうなだれさせた、といった体型だ。
どうやって糸を固定し、くぐったのかは謎である。その作業もいつか見てみたいと思った。
セブン状態から丸一日でサナギに変化するらしいという情報は得ていた。いつその変化が訪れるか気になってチラチラ見るがその日は動きはなかった。段々分かってきた。変化の瞬間を見る為にはずっと張り込むか偶然遭遇するかのどちらかしかないみたいだ。

そしてその翌朝、カップの中にはセブン状態を経過しサナギになった1番がいた。おぉ、良かった、無事成れたね。
頭を垂れた状態から後方に例の糸に海老ぞりに寄りかかった形で体長は3cm位になっていた。セブンの時はまだイモ時代の模様が残っていたがサナギになると模様は全く無い緑色で足下には脱皮した跡が落ちていた。
この作業はイモにプログラムされ本能的に行われている。「このやり方は嫌なので別の方法で行きます。」とかは無い。逆らえない本能がある。でも逆らう必要は無い。生物は皆同じ。心の声に身を任せ生きる様にプログラムされている。理屈とかは無い。それが素晴らしい。ドキドキする。
「何かで読んだ」によれば8〜9日したら孵化するらしい。ワクワクする。
1番が先頭を走る中、2番3番も同じプロセスを進行中だ。暫くは目が離せなさそうだ。そう思っていた矢先だ。
2番がやらかした。

第七章

これが俗に言う「夫は妻に隠し事は出来ない」という代物か。
上手いこと本棚の陰に潜ませていたのでパッと見では分からない筈だ。ではなんで気付いたのだ。実は日頃から色々持ち物チェックされていたのか?はたまた例の「女の勘」か?
「え、何かあったの?」
人は心にやましい事があったら必ずこう言う。
「いや、なんかね、夜中とか静かな時に部屋ん中で小さくサクサク音がする様な気がして。」
「ぅへ、あ…それでか。それに気付いたんだ。」
「え?やっぱりいるの?」
妻の顔が曇りだした。
「あっ、えぇっと、ゴメン。あの、実は何匹か家ん中に匿ってます。」
そう切り出して先ず丁重に謝り、とりあえずこれまでの経緯を説明してみた。ちゃんと耳を貸してくれた妻に感謝した。すると妻がこう言った。
「ちょっと見せてごらんなさいよ。」
イモ、そして私の順に即刻ツマミ出されるかと覚悟していたが返事は意外だった。
「わりとデカめになっておりますがよろしいでしょうか?」
「いいから。はあぁ、あぁそんな所に置いてた訳ね。なんか密やかにサクサクサクサク聞こえる筈だわ。」
「この葉っぱの所にいます、はいこれね。大丈夫?だいたいこれで産まれてから2週間位。大丈夫?」
「ぅぉおぉぉっと、なるほどぉ。ジッとしてるのね。」
「そうだね。動きは常にゆっくりだね。葉っぱ食べる時とかも。」
「へー。」
そして妻がまた意外な事を言った。
「このカップじゃ狭くないの?」
「え?あぁ、いや、隠れて飼ってたからまあこれ位じゃないと隠しきれないしね。」
「ふぅん。なんかちょっと窮屈そうかな。」
「まあそんなに動き回らないので大丈夫だと思うんだよね。何せ初めてだからこれからどう変化していくか分からないから。また様子が変わってきたら対応していこうと思っていますよ。」
「やっぱりこれからも対応していくつもりなんだ。」
「あっ、いやっ。その、嫌だよね。ゴメンね、とりあえず外に出すわ。」
「いや、いいよ。話聞いて現物見たらそんなに嫌じゃなかったから。その代わりちゃんと隠してよね。」
「おっ。本当に?ありがとう。隠すよ、隠す絶対に。」
隠し事がバレた結果、それを隠す事を約束するという幻惑的な結末になった。公認になったというか「我慢してもらう事になって頂けた」という感じだ。それでも良い、最高だ。それ以来妻の在宅中でも見せないようにしながら世話をする事が可能になった。

その後の同居は順調で、妻もイモの存在を余り気にしていない様子だった。そしてカミングアウトした翌日、妻に背を向けガードしながらイモ達がサクサクしているところを見ていた時、ふいに後ろから妻が話しかけてきた。
「葉っぱ食べてんの見てんの?」
「うん、なんかいよいよ食欲が凄い事になってきていてね。元気元気。あ、ゴメンね、しまうから。」
「そんなに食べるの?ちょっと、見せて。」
一瞬驚いたが、これでホイホイ言われるままに見せてやっぱりショック、みたいになるのではないかと警戒したが意外にもその興味津々具合が前のめりだったので思いきってホラと見せてみた。
その時見せたイモムシは体長6cm位でその食欲もうなぎ登りといった感じで必死に葉っぱを食べていた。
「へー、いい食べっぷりだね。なんかちょっと好感持てるかも。」
おっ、あぁそう言えば妻は大食いの番組が大好きだったな。人がモリモリ食べているのを見るのが好きだ、と言っていたのを聞いた事がある。それがまさかイモムシ対象でも有効だったのだろうか、暫く妻はイモを見つめていた。
「ちょっと調べてみたら、黄緑イモになって8、9日したら食欲がピークになっていよいよサナギになる準備に入るらしいね。色々調べて読んでみたけど、どんなプロセスなのかは実際見てみないと分からないからね。」
「だとしたらちょっと目が離せないね。へー、これ、葉っぱ足りてるの?」
「うーん、これからどれだけ食べるか分からないから気にはしてるんだけど。」
「お腹空かせない様にちゃんとあげてあげてね。」
その後も妻は何度も自主的にイモの様子を見に透明カップを覗きに行っていた。翌朝、すっかり葉っぱが無くなっているのを先に発見して
「葉っぱ無くなっているよ、入れてあげて。なんかひもじそうにしてるよ。」
と、「食」というテーマでイモにアイデンティファイした妻はすっかりイモ派になった様子だった。
不思議なものだ。本気で苦手、嫌いだったモノが何らかのきっかけにより転じて大丈夫に、もっと行くと好きになったりする。それは素晴らしい事だと思うが、人の心のうつろいやすさも示している。逆もある。あんなに好きだったのに今では…。しかしそれが人間。標準装備された機能。気にはしても気にやむ必要は無い。本気だったら堂々と心変わりして行けば良い。

妻に促されカップをチェックしてみた。確かに葉っぱはきれいに無くなっていたがどうもイモの様子が変だ。何か期待や想像を越えた変化が起きているみたいだった。
何なんだこれは。これはどっちなんだ?
大丈夫なのか、まさか、病気か?…。

第六章

「外に放し飼いしていたら全滅するかもしれない…。どうしようか?」

イモムシを放置して観察してみる事はそれとなく妻には話していた。
「遅れに遅れた小学生の夏休み観察日記みたいで今更バカみたいだけど、なんかちょっと興味がわいてね。でももし蝶になったら面白くない?」
「へぇ、ちゃんとなるのかな。面白いけど難しくない?」
「分からないけど挑戦してみますよ。で、今さ外の鉢にイモムシいるんだけど見る?」
「えっ。いや、ちょっと私虫苦手だからいいや。」
「そうだったんだ…。」
「昔、サラダ食べていたらイモムシがいたってことがあって、それ以来ちょっとダメなんだよね。」
「そっか、ゴメン、ゴメンね。勝手にやってるから気にしないでね。」
かつてそんなやり取りがあった。なので例えば鉢ごと室内に入れて飼う、等とは絶対に無理だろう。近辺に共存は可能だろうが室内に同居には妻の同意が必要だ。つまり不可能だ。
方向性を見失っている内にイモムシに変化が現れ始めた。
卵から産まれて1週間程経ち体長3cm程に成長した茶イモ達が軒並み黄緑色の第二形態になり始めたのだ。黄緑ベースに黒や白、青いラインが入って頭の横に目の様な模様があるというかつて図鑑とかで見たことがあるあのスタンダードな形だ。
茶イモから黄緑イモにはどうやって変化するのか長年の疑問も解けた。簡単だ、脱皮していた。葉っぱの上に茶色い脱け殻が付着していた。
そして黄緑イモはその食欲も第二段階に来ていた。サクサクと良く食べる、その食べっぷりは痛快。葉っぱにしっかりしがみつき小さな前足で端を挟み掴みながら縦に葉っぱを元気に食べていく。イモの口先は蟻の牙の様な形態になっているので、我々が食パンを食べる様に面を横にしてではなく縦にサクサクと体全体を使い深々とお辞儀をするように葉っぱの側面に沿って食べ進んでいくのだった。
それはまるで葉っぱという大刀を真剣白羽取りで掴み、そのままその刃を縦にワシワシと食べちゃうみたいな勇ましさ。しかしその姿はどこかコミカル。
そして葉っぱを食べている時に注意深く耳を済ましてみると小さく「サクサク」と咀嚼する音が聞こえる。この音がまた風流で、なんだか健気で心を打つのだ。
この様に気が付くと、日に日にプクプクと成長するイモの姿にすっかり魅力されてしまっていた。
なんという事だ。去年まで敵としてあんなに毛嫌いしていたのに今や愛しの存在に。
まずいことになった。外出している時も気になって仕方がない。イモ達は無事だろうか?事実そうこうしている内にメンツも減っていった。あぁは、もう躊躇している場合ではない。
「もうやるしかない。こっそり室内に保護すべし。」
作戦開始。ガッツリ虫かごだとバレるので透明なカップ(アイスコーヒーLカップ)に黄緑イモ1匹と葉っぱを数枚いれた物を一先ず3つ、本棚の陰に隠して飼ってみる事にした。これなら分からないだろう。ルールは「黄緑になったら室内に入れる」とした。
妻がいない時を見計らってこそこそイモのケアをした。生き物を飼うスタンダードな方法となんら変わりはない。コップの中の掃除、葉っぱの入れ替え、フンの排出。イモは葉っぱしか食べないのでフンは乾燥した小さな丸っこいヤツなので掃除しやすかった。しかしコップからイモを一旦出すのが大変だった。最初は棒になんとか乗せて出して、みたいな事をしていたがいい加減面倒臭くなってきて、少しずつだが恐る恐るイモ自体を突っついたりと触れる様になってきた。
毛虫みたいに「触ったらかぶれたりするのでは?」と長年警戒してきたがどうやら大丈夫みたいだ。しまいには慣れて全然平気につまんだり指に乗せたり出来る様になった。個人差あるかもしれないが病気的な面では全く問題は無かった。

申し訳ないとは思いながらも妻の知らない内に始まったイモムシとの同居。虫が苦手な妻は知らない内にイモムシと一つ屋根の下寝食を共にしている。あぁ、スマン…。「でも、いつか話そう。」と思いながら数日が経ってしまった。その頃にはイモの体長は5cm位の立派な物になっていた。
「話すって言っても、こんな結構ガッツリしたイモムシになっちゃってんのを見せる訳か?どうしよう。」
妻に隠し事、のバリエーションは多々あると思うが、どんなんでも夫はこんな様な気持ちになるんだろうな、と思った。
そんなある日、妻に突然こう言われた。
「もしかして、イモムシ家ん中に入れてない?」
ギクッとした。少し背筋が冷たくなった。
「え、何で?」
図星の時は、人は必ずこう言う。
「ちょっと気になる事があってさ。」
どうしよう。こんな事がきっかけで取り返しのつかない結果になってしまったら。もはやピンチなのはイモムシだけでは無くなってしまった。

第五章

争いの時代は去り、共存の時代に入った。
一先ずは放っておくこと。葉っぱに卵を産み付けられてもそのまま。今まで植物ちゃん達にそうしていた様に自然に任せるのだ。するとアゲハ蝶はいつもの時間にやって来て半信半疑な様子だ。
「ひらひら、ア、あれ?オ、おはようございます…。」
「おはようございます。」
「えぇっと、いいんですカネ?卵、置いてっちゃって。」
「構いません。思う存分どうぞ。というか、今までの事は申し訳ないと思ってます。心境の変化がありまして、これからはサポートしていきたいのでよろしく。」
「あ、そうなんですか。気にしてませんノデ。こっちも卵を何千と産んで最終形態に辿り着くのは2、3匹みたいな世界なんで覚悟してますカラ。」
「そうなんだ。大変なんですね、こっちも勉強させてもらいますよ。では、ごきげんよう。」
「デハ、ごきげんよう。」

1週間程放っておいてみると、役目が終わったのかアゲハ蝶はパタッと来なくなり、1つの鉢に平均4〜6、全体で25〜30個の卵が産み付けられた、という結果になった。
ちょっと引いた。放っておくとこんなになるんだ、という驚きと、これだけの数の生命をサポートしていけるのだろうか、という不安。でもなんとかやってみよう。もしこれから産まれたイモムシが蝶になって羽ばたくのを見れたら…それを考えたら多少の事は苦ではない。
しばらくすると直径1mmの薄い緑色だった卵が茶色に変わり、そこから体長3mm位の小さな小さな茶色いイモムシが誕生し葉っぱを食べ始めた。
食べなさい食べなさい。大切な葉っぱだがまだ沢山あります。好きなだけサクサクしていきなさいな。
茶色イモは最初は1日に小指の先程の量の葉っぱしか食べないが、成長する程にその量は増えていく。
こうして初めてまじまじと観察してみると実に興味深い。産まれてから1週間程までの第一形態のイモムシは一般的に茶色い体の中央少し前方に横に白い線が入ったカラーリング。諸説あるそうだがどうやらこれは「鳥のフン」の擬態をしているらしい。
想像する。イモムシにとっての天敵は鳥。そしてイモムシ達は考えた「どうすれば鳥についばまれないか 」。そう考え続け命を繋いでいく内に一つの結論に辿り着く。
「鳥のフンっぽけゃいいじゃん」
そして遂に第一形態イモムシは産まれた時から鳥のフンっぽくなるまでに進化するのだ。
凄い発想だ。普通思わない。敵のフンっぽけゃ食われない。それだけじゃない。そうなりたいと思い続け実際フンっぽく産まれるまでになる。体現する。恐れ入ります。
しかしこういう意思の力が巻き起こす奇跡というのは余り神秘化してはいけない気がする。
生き物全般、勿論人間にもこの力が備わっているはずだ。生き物であれば素直にそれを受け入れればその力を発揮する事は出来るはず。受け入れるか否かだけ。シンプルだ。
おそらくその事を当たり前の事として素直に受け入れて実践しきれていない唯一の生き物は人間だろう。
人間の知性は宝なのか十字架なのか。

気が付くとグレープちゃん等の鉢達の葉っぱが随分少なくなりイモ達がスクスクと成長している。しかしその数をチェックしてみると卵から産まれたイモの全てが残っている様ではないみたいだ。恐らく擬態しても鳥や他の生物に見つかってしまったり何らかの病気になってしまったりで減ったのだろう。
このまま外に放し飼いしていたら全滅してしまうのでは、そんな考えがよぎる。
外敵からイモムシを守らなくてはいけない。
どうすればいいのだろうか?